サイドメニュー

コレンテ・アーカイブ

●現代イタリア事情(立元義弘、大阪大学講師・元パナソニックイタリア社長)

                                      
発行年月 タイトル 備考
2010年 9月 イタリアの国土と自然 "Bel Paese"イタリアのプロフィール
2010年11月 イタリア行政区分と街の多様性 イタリアの街の成り立ち
2011年 1月 少子高齢化社会と外国人移民 イタリアの人口動態とその課題
2011年 3月 イタリア人の織りなす家族模様 大の男もマンマ、マンマ
2011年 5月 イタリア語よもやま話 美しきイタリア語
2011年 7月 イタリア人の名前考 石を投げればMarcoに当たる?
2011年 9月 大統領と首相、どっちが偉い? イタリアの統治機構
2011年11月 イタリアの警察は世界一! イタリアの警察は世界一?
2012年 1月 イタリア人のお宅拝見 知られざるとびらの内側
2012年 6月 クルマ社会イタリアの運転事情 イタリアの道は無秩序の秩序(?)
2012年10月 イタリア人と働くということ 本当は働き者のイタリア人
2013年 2月 マフィアと泥棒 イタリアはコワくてアブナイ国ですか?
2013年 6月 イタリア人とカトリック教会 現代イタリア人の信仰事情
2013年10月 学校教育制度とイタリア版受験狂想曲 イタリアの学制
2014年 2月 リラとユーロの話 2002年1月1日 西欧12か国でユーロの流通スタート
2014年 7月 Made in Italyは健在か イタリア産業・貿易事情
2014年12月 さらばドルチェ・ヴィータ 経済危機下の家計事情とライフスタイル変化
2015年 5月 美食の国のイタリア人は大食いか? イタリア人の食生活と健康意識
2015年10月 頑張れイタリア! イタリア最新事情

●VIVA! Il Cinema Italiano!(松島 征、京都大学名誉教授)

発行年月 タイトル 原題 / 副題
2009年 5月 『シシリーの黒い霧』 "Salvatore Giuliano"
2009年 7月 『天使と悪魔』 "Angels & Demons"
2010年 5月 『アマルフィ 女神の報酬』 "Amalfi"
2009年12月 『副王家の一族』 "I Vicere'"
2010年 3月 『湖のほとりで』 "La ragazza al lago"
2010年 6月 『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』 "Caravaggio"
2010年10月 『ボローニャの夕暮れ』 "Il papa' di Giovanna"

●カルヴィーノとアーティチョーク(堤 康徳、慶應義塾大学講師)

                                                                                                       
発行年月 タイトル 備考
2009年11月 カルヴィーノとアーティチョーク 第1回 『カラスが最後に来る』 他
2010年 2月 カルヴィーノとアーティチョーク 第2回 『サン・ジョヴァンニの道』 他
2010年 5月 カルヴィーノとアーティチョーク 第3回 『公認のゴミ箱』 他
2010年 8月 カルヴィーノとアーティチョーク 第4回 『投票立会人の一日』 他
2010年12月 カルヴィーノとアーティチョーク 第5回 『荒地の男』 他
2011年 4月 カルヴィーノとアーティチョーク 第6回 『アメリカの講義』 他
2011年 8月 カルヴィーノとアーティチョーク 第7回 『見えない都市』 他
2011年12月 カルヴィーノとアーティチョーク 第8回 『くもの巣の小道』 他
2012年 4月 カルヴィーノとアーティチョーク 第9回 タブッキ『旅行記』 他
2012年 7月 カルヴィーノとアーティチョーク 第10回 『Saudade di liberta`』 他
2012年10月 カルヴィーノとアーティチョーク 第11回 『木のぼり男爵』 他
2013年 1月 カルヴィーノとアーティチョーク 第12回 『バウドリーノ』 他
2013年 4月 カルヴィーノとアーティチョーク 第13回 『水に流して』 他
2013年 7月 カルヴィーノとアーティチョーク 第14回 『くもの巣の小道』 他
2013年10月 カルヴィーノとアーティチョーク 第15回 『カラスが最後に来る』 他
2014年 1月 カルヴィーノとアーティチョーク 第16回 『キッチン』 他
2014年 4月 カルヴィーノとアーティチョーク 第17回 『見えない都市』 他
2014年 8月 カルヴィーノとアーティチョーク 第18回 澁澤 龍彦他
2014年12月 カルヴィーノとアーティチョーク 第19回 ジュゼッペ・ピトレ他
2015年 4月 カルヴィーノとアーティチョーク 第20回 龍とカルヴィーノ(1)
2015年 9月 カルヴィーノとアーティチョーク 第21回 龍とカルヴィーノ(2)
2016年 2月 カルヴィーノとアーティチョーク 第22回 龍とカルヴィーノ(3)
2016年 6月 カルヴィーノとアーティチョーク 第23回 ある兵士の冒険
2016年10月 カルヴィーノとアーティチョーク 第24回 もうひとりのイタロの町、トリエステ
2017年 2月 カルヴィーノとアーティチョーク 第25回 トリエステの詩人、ウンベルト・サーバの古書店
2017年 6月 カルヴィーノとアーティチョーク 第26回 ズヴェーヴォと『ゼーノの意識』
2017年10月 カルヴィーノとアーティチョーク 第27回 ヒアリとアルゼンチンアリ

●イタリアロマネスクの動物誌(尾形 希和子、沖縄県立芸術大学教授)

発行年月 タイトル 備考
2010年 9月 イタリアロマネスクの動物誌 第1回 「ロマネスクの時空」
2011年 1月 イタリアロマネスクの動物誌 第2回 「獅子」
2011年 5月 イタリアロマネスクの動物誌 第3回 「ノアの方舟(一角獣と象)」
2011年 9月 イタリアロマネスクの動物誌 第4回 「蛇」
2012年 1月 イタリアロマネスクの動物誌 第5回 「狐」

●イタリア通信(深草 真由子、京都大学イタリア文学専修課程博士候補生)

            
発行年月 タイトル 備考
2009年 4月 パドヴァ通信 第9回 「イタリアの行方」
2009年 6月 パドヴァ通信 第10回 「マルタ島へ」
2009年 8月 パドヴァ通信 第11回 「ラクイラ ~傷ついた町~」
2009年10月 パドヴァ通信 第12回 「アーゾロ」
2010年 1月 イタリア通信 第1回 「うるわしのカラーブリア」
2010年 4月 イタリア通信 第2回 「知の神殿 ~図書館の愉しみ~」
2010年 7月 イタリア通信 第4回 「リヴィエラ海岸へ」
2010年11月 イタリア通信 第5回 「異文化理解の道すがら」
2011年 3月 イタリア通信 第6回 「腐敗の時代」
2011年 7月 イタリア通信 第7回 「ベルルスコーニの終わりの始まり?」
2011年11月 イタリア通信 第8回 「ブンガ・ブンガ ~イタリアの"真面目な"問題~」
2012年 3月 イタリア通信 第9回 「11 MARZOから1年を経て」
2012年 6月 イタリア通信 第10回 「Estate -空になる季節-」
2012年 9月 イタリア通信 第11回 「ボルセッリーノはなぜ殺されたのか」
2012年12月 イタリア通信 第12回 「二つの権力」
2013年 3月 イタリア通信 第13回 「ファシズムの記憶」
2013年 6月 イタリア通信 第14回 「地獄に飲まれず、地獄を生きる」
2013年 9月 イタリア通信 第15回 「ドン・ガッロ-異なる世界のあり方を探し歩いて-」
2013年12月 イタリア通信 第16回 「移民とイタリア人-融和への長い道のり-」
2014年 3月 イタリア通信 第17回 「文化遺産とイタリア人-Culturaを今こそ-」
2014年 6月 イタリア通信 第18回 「Auguri! -イタリア、結婚式の一日-」
2014年11月 イタリア通信 第19回 「いにしえのギリシアを想う~リアーチェのブロンズ像~」
2015年 3月 イタリア通信 第20回 「ダンテの『神曲』とイスラーム」
2015年 8月 イタリア通信 第21回 「地中海の向こう側」
2016年 2月 イタリア通信 第22回 「バチカンの秘密 Vatileaks 第二弾『貪欲の罪』」
2016年 5月 イタリア通信 第23回 「マフィアのことば」
2016年 9月 イタリア通信 第24回 「西洋人が見たイスラーム」
2017年 1月 イタリア通信 第25回 「ヴィオラ・ディ・グラード『鉄の子どもたち』」
2017年 5月 イタリア通信 第26回 「ブッダとネットと進化論」
2017年 8月 イタリア通信 第27回 「あるドイツ人についての記憶」

●ジャコモ・レオパルディとその時代(国司 航佑、京都外国語大学講師)

発行年月 タイトル 備考
2017年10月 ジャコモ・レオパルディとその時代 第1回 レオパルディと≪イタリア≫

●イタリア再発見(国司 航佑、京都外国語大学講師)

発行年月 タイトル 備考
2011年 2月 イタリア再発見 第1回 イタリア語再発見
2011年 6月 イタリア再発見 第2回 gentileとsimpatico
2011年10月 イタリア再発見 第3回 ラ・フェスタ
2012年 2月 イタリア再発見 第4回 議論するということ
2012年 5月 イタリア再発見 第5回 BRAVO Dalla!
2012年 8月 イタリア再発見 第6回 Un uomo entra in un caffe'?…
2012年11月 イタリア再発見 第7回 イタリア語の詩を読む
2013年 2月 イタリア再発見 第8回 政治と友情
2013年 5月 イタリア再発見 第9回 イタリア語の詩を読むⅡ
2013年 8月 イタリア再発見 第10回 語学の道
2013年11月 イタリア再発見 第11回 Non capisco gli uomini, ma le donne le capisco ancora meno.
2014年 2月 イタリア再発見 第12回 僕らをつなぐもの―フランチェスコ・デ・グレゴーリ―
2014年 5月 イタリア再発見 第13回 2011年3月11日、東京にて
2014年10月 イタリア再発見 第14回 規則と自由
2015年 2月 イタリア再発見 第15回 Mafia Capitale
2015年 7月 イタリア再発見 第16回 Let it go"の詩学
2015年11月 イタリア再発見 第17回 イタリア語の詩を読む Ⅲ
2016年 4月 イタリア再発見 第18回 イタリアってなんだ?(前篇)
2016年 8月 イタリア再発見 第19回 イタリアってなんだ?(後篇)
2016年12月 イタリア再発見 第20回 続イタリアってなんだ?
2017年4月 イタリア再発見 第21回 ナポリの哲学者

●イタリアそろばんの旅(木下 和真、そろばん講師・当館受講生)

                                                   
発行年月 タイトル 備考
2012年 2月 イタリアそろばんの旅 第1回 イタリアでそろばん?
2012年 3月 イタリアそろばんの旅 第2回 「明日はテストです」
2012年 5月 イタリアそろばんの旅 第3回 そろばん背負って西東
2012年 7月 イタリアそろばんの旅 第4回 イタリア語の数字
2012年 9月 イタリアそろばんの旅 第5回 「型」にはまらない国
2012年11月 イタリアそろばんの旅 第6回 アバコ
2013年 1月 イタリアそろばんの旅 第7回 そろばんとバレーボール
2013年 3月 イタリアそろばんの旅 第8回 あなたには勇気があります
2013年 5月 イタリアそろばんの旅 第9回 夜の駅に
2013年 7月 イタリアそろばんの旅 第10回 小学校の先生ですね
2013年 9月 イタリアそろばんの旅 第11回 ナポリへ ①
2013年11月 イタリアそろばんの旅 第12回 ナポリへ ②
2014年 1月 イタリアそろばんの旅 第13回 イタリア人になりましたね
2014年 3月 イタリアそろばんの旅 第14回 イタリア語を勉強しないでください?!

●イタリア民話の世界(剣持 弘子)

発行年月 タイトル 備考
2014年 9月 イタリアの民話・昔話・伝説 物語・作家の誕生
2015年 1月 民話を訪ねる旅 1 モンターレの60話
2015年 5月 民話を訪ねる旅 2 『モンターレの60話』の著者を巡る旅
2015年10月 民話を訪ねる旅 3 図書館事情と民話『雄鶏と狼』
2016年 3月 民話を訪ねる旅 番外編 民話との出会い
2016年 7月 民話を訪ねる旅 4 フィレンツェ大学の民話研究
2016年10月 民話を訪ねる旅 5 ベファーナの夜
2017年 3月 民話を訪ねる旅 6 いよいよ語りの現場へ
2017年 7月 民話を訪ねる旅 7 最終回

        

●私のイタリア留学記(平木 奈々子、当館受講生)

        
発行年月 タイトル 備考
2014年 4月 初めてのイタリア① FirenzeとSardegna
2014年 8月 初めてのイタリア② サルデーニャ島のバックパック一人旅

        

●トリエステ留学体験記(奥村 道子、当館受講生)

        
発行年月 タイトル 備考
2015年 1月 トリエステの街と語学学校の紹介 イタリア統一広場・古代ローマ劇場の遺跡

        

●ローマ滞在日記(二宮 大輔、元当館受講生)

        
発行年月 タイトル 備考
2014年 5月 できなかった映画の仕事 『グレート・ビューティー/追憶のローマ』
2014年 9月 ファーレンハイト451 ジョルダーノ・ブルーノ 他
2015年 4月 リガブーエ来日公演の裏話 Zephiro、リガブーエ
2015年 6月 日本に抑留されたイタリア人フォスコ・マライーニ フォスコ・マライーニ
2016年 1月 サッカーの国で野球を イタリア野球事情
2016年 5月 ムッソリーニ通りができるとき ムッソリーニ
2016年 8月 ダル・ヴェルメでライブをした話 イタリア ライブハウス事情
2016年11月 フィルメーナ! 『フィルメーナ・マルトゥラーノ』の翻訳
2017年 2月 マリオ・ヴァッターニDOROMIZUとオリエンタリズム マリオ・ヴァッターニ氏インタビュー
2017年 6月 映画からわかるイタリア 「映画で旅するイタリア」
2017年 9月 フェルトリネッリでつかまえて 好みのイタリア現代文学を探すには

        

●ローマで双子育児(浅田 朋子、元当館受講生)

                     
発行年月 タイトル 備考
2014年 7月 ローマでの映画美術研修 チネチッタ撮影所
2014年11月 ローマの小さな画廊 ギャラリーファーベル
2015年 3月 ローマで双子出産 イタリアの公立病院やプライベートドクター
2015年 7月 ローマで双子育児 イタリア育児事情
2016年 6月 ローマで双子育児 イタリアの幼児医療事情
2016年 9月 ローマで双子育児 イタリアのヴァカンス風景
2016年12月 ローマで双子育児 外国(語)で子どもを育てるということ
2017年4月 ローマで双子育児 子育てプレッシャーはいずこも同じ・・
2017年4月 ローマで双子育児 イタリア イクメン事情
2017年11月 ローマで双子育児 いよいよ幼稚園

        

●素晴らしき自転車レース(谷口 和久、当館スタッフ)

                                                                                                                                  
発行年月 タイトル 備考
2010年 6月 カンピオニッシモと呼ばれた男 ファウスト・コッピ
2010年 7月 ジロ・ディ・イタリア事始め ルイージ・ガンナ 他
2010年 8月 私の愛したイタリアン・バイク ウィリエール、コルナゴ 他
2010年10月 イタリア自転車オーダー記(前編) ズッロ工房訪問記
2010年12月 イタリア自転車オーダー記(後編) ズッロ、デ・ローザ、ピナレロ
2011年 2月 Memoria di Pantani マルコ・パンターニ
2011年 4月 気骨のレーサー ジーノ・バルタリ
2011年 6月 イタリア vs フランス ベルナール・イノー、イヴァン・バッソ 他
2011年 8月 BI・CI・CLASSICAインタビュー(前編) ルイージ・ヴェラーティ(BI・CI・CLASSICAオーナー)
2011年10月 BI・CI・CLASSICAインタビュー(後編) ルイージ・ヴェラーティ(BI・CI・CLASSICAオーナー)
2011年12月 カンパニョーロ トゥーリオ・カンパニョーロ
2012年 4月 ツール初代王者はイタリア人? モーリス・ガラン
2012年 8月 消されたレーサー オッタヴィオ・ボッテッキア
2012年12月 パイオニアたちの時代 コスタンテ・ジラルデンゴ、アルフレード・ビンダ
2013年 4月 映画の中の自転車(前編) ニュー・シネマ・パラダイス、イル・ポスティーノ
2013年 8月 映画の中の自転車(後編) ライフ・イズ・ビューティフル、ジロ・ディ・イタリアのトト
2013年12月 "ジロの聖地" モルティローロ峠 ミゲール・インデュライン、マルコ・パンターニ他
2014年 6月 ジロを走った女性レーサー アルフォンシーナ・ストラーダ
2014年10月 サイクリストの守り神 ギザッロ教会 ファウスト・コッピ、フィオレンツォ・マーニ
2015年 2月 最古の自転車メーカー ビアンキ エドアルド・ビアンキ
2015年 6月 滋養強壮と栄養補給 エディ・メルクス、アルフレード・ビンダ他
2015年12月 ヘミングウェイと自転車レース バルトロメオ・アイモ他
2016年 4月 イタリアを走ろう! イタリア自転車旅行のすすめ
2016年 7月 イタリアの2つの側面 ジーノ・バルタリ、ファウスト・コッピ
2016年11月 ステルヴィオ峠 コッピ、コブレ
2017年 1月 歌の中の自転車レース ジラルデンゴ、バルタリ、コッピ
2017年 5月 イタリア語でレース観戦 イタリアのTVでレース観戦しよう!
2017年 8月 一本足の自転車乗り エンリコ・トーティ